気ままな生活inモスクワ

出会いのきっかけは数学。年下ロシア人夫とのモスクワ生活など日々の記録のブログ

夏のアンタルヤへ①


こんばんは。

長い間ブログをお休みしていて、また始めましたが、ちょっと更新をまたお休みしていました。その間に夫とトルコのリゾート地アンタルヤへ旅行していました!
夫との旅行は去年の2月にドバイへ行って以来で、久しぶりでした。

 

旅行はそれほど好きではないのですが、時々どこかに行きたくなります。

今回は旅行にもともと行くつもりはなかったんですが、生徒が一時帰国や夏休みの旅行などでお休みが重なった週ができて、夫が突然旅行に言い出したんです。

色々な候補地があったのですが、ロシアで人気のリゾート地のトルコに行くことになりました。

 

パックツアーでトルコは安ければ2人でチケットとホテル5泊か6泊(1泊2食付き)で50000ルーブルからあります。ホテルや部屋のランクをあげればもっと高くなります。

義両親は毎年1回か2回はパックツアーで旅行しているのですが、6,70000ルーブルで色々なリゾート地に行っています。その中でもトルコへは何度か行っているようです。

ツアーも安いし、近いし、物価も安くてロシア人に人気のようです。

なので1度は行ってみようとなったのが選んだ理由です。でも私たちはパックツアーではなくチケットもホテルも自分たちで予約しました。ツアーとさほど変わらずに色々選べたからです。

 

チケットはLCCのПобеда航空で購入し、ホテルはアンタルヤの旧市街地内にあるビーチに近めのホテルを予約しました。

 ホテルは旧市街地なので、大きくはありませんでしたが、プールもついててとてもおしゃれでかわいいホテルでした!

 

ホテル近く

 f:id:mathmos:20190811032956j:plain

 

f:id:mathmos:20190811033218j:plain

 

ホテルのプール(深さは150センチほど)

f:id:mathmos:20190811033311j:plain

 

夜のライトアップされたプール

f:id:mathmos:20190811033446j:plain

 

旧市街地の街並み

f:id:mathmos:20190811041349j:plain

 

 

 

旧市街地に限らないのですが、アンタルヤはいたるところに野良猫や野良犬がたくさんいて、飼われてるわけではないみたいですが、町の人たちがえさをあげているようでした。

泊まったホテルにも決まった猫が数匹いてごはん時に観光客に近寄ってえさをねだっていたり、そばで休んだりしていました。

朝ごはんのときと晩ごはんのときに猫を探して写真をとるのが私の楽しみになりました笑

 

f:id:mathmos:20190811034148j:plain

餌よこせと鳴きまくるネコ

f:id:mathmos:20190811034155j:plain

お休み中のネコ

f:id:mathmos:20190811034146j:plain

かわいく餌待ちのネコ

f:id:mathmos:20190811034143j:plain

かまってほしくて近づいてきたネコ

どのネコも人懐っこくて、触られても嫌がらないし、自ら近寄ってくる感じでした。

もうかわいくてかわいくてネコがあまり好きじゃなかったんですが、一気に大好きになってしまいました!!

旧市街地近くには野良猫、野良犬などの小屋があって、保護されていて、そこにいる猫たちを引き取ることができる場所がありました。

f:id:mathmos:20190811040542j:plain

草むらにはリラックスして寝ているネコや犬がたくさんいました。

 

特にかわいかった寝ている子ネコ

f:id:mathmos:20190811041126j:plain

 

 

そして肝心のホテルの晩ごはんはコースになっていて、スープ、前菜、サラダ、メイン、デザートの5種でボリュームもありました。ドリンクは別料金でした。

スープ

f:id:mathmos:20190811035155j:plain

前菜

f:id:mathmos:20190811035236j:plain

サラダ

f:id:mathmos:20190811035313j:plain

メイン(肉料理)

f:id:mathmos:20190811035358j:plain

デザート

f:id:mathmos:20190811035433j:plain

 

お昼は含まれていないので、旧市街地にある海沿いのレストランでシーフードを食べたりしました。

 

レストランからの眺め

f:id:mathmos:20190811035850j:plain

 

私たち2人ともエビが好きなので、色々なレストランに行ってエビを食べ比べしました。

 

一番おいしかったエビ

f:id:mathmos:20190811040011j:plain

他のエビたち

f:id:mathmos:20190811040045j:plain

f:id:mathmos:20190811040052j:plain

 

 

シーフードを食べるのはもちろん目的でしたが、一番の目的は海!!!!
旧市街地にはビーチは1つでレストラン併設で、チケット制でした。

1人20トルコリラ(約380円、約240ルーブル)で時間は無制限。人数制限もありました。

 

旧市街地のビーチ

f:id:mathmos:20190811041728j:plain

f:id:mathmos:20190811041827j:plain

 ↑ 1人1席で、全席うまってしまうと空くまでビーチには入場できないシステムです。

ビーチ上から

f:id:mathmos:20190811041733j:plain


今年は猛暑のようで37~39℃近くあり、水温も高く、午前中から入っても全然冷たくありませんでした。でも午後は日差しが強いので、午前中は海、午後は昼食→町散策&お土産探し→休憩→晩御飯→ホテルのプールという流れでほぼ過ごしていました。

 

海には入らず遺跡を見に行ったりもしましたが、つづきは次回に書きます。

ではまた!

 

 

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

f:id:mathmos:20171120081943p:plain