気ままな生活inモスクワ

出会いのきっかけは数学。年下ロシア人夫とのモスクワ生活など日々の記録のブログ

夏のアンタルヤへ②


こんばんは。
アンタルヤ旅行の続きです。アンタルヤ①↓
mathmos.hatenablog.com

 

アンタルヤ旅行では基本的にだらだらしに行ったんですが、海だけでなく観光地も行ってきました。

午前中に海に行ったあと、午後からは町散策も兼ねてアンタルヤ考古学博物館に行きました。旧市街地からは歩いても40分ほどでいい散歩になりますが、せっかくなのでトラムで行きました。トラムで終点までで20分かからないくらいで、博物館前に止まります。

 

トラムは1人2トルコリラ(約40円、約24ルーブル)です。

チケットは

  • 券売機でチャージタイプのプラスチックカードを買ってチャージする
  • 券売機で紙タイプで買う
  • 運転手から買う(ただし紙タイプのみで現金購入)

1枚のカードで何人でも使えます。

 

トラム内

f:id:mathmos:20190811162530j:plain

モスクワよりハイテクでした!

 

 

アンタルヤ考古学博物館

f:id:mathmos:20190811160813j:plain

 チケットは1人36トルコリラ(約700円、約430ルーブル)

カード決済可ですが、現金は博物館のエリア入り口にATMもあるので下ろすことができます。

 

博物館内

f:id:mathmos:20190811161400j:plain

f:id:mathmos:20190811161402j:plain

 

 思ったよりも広く、たくさんあってすごかったです!

これらはどこで見つかったのかなと思ったら、アンタルヤからトラムで1時間のところにあるペルゲ遺跡のものでした。

旅行の前に事前に何も調べてなかったのでペルゲ遺跡についても全然しりませんでした。調べて行ったらもっと楽しめたのかなと思います(;^ω^)

 

ペルゲ遺跡のことを知ったので、次の日は海に行かず、朝からペルゲ遺跡にトラムで行ってきました。トラムで1本なんですが、空港行きとペルゲ方面(EXPO方面)のトラムが交互に来るので、乗るときは注意してください。

トラム降りてから歩いて20分くらいですが、行く途中何もないので、タクシーをおすすめします。私たちは暑い中歩きました笑

タクシー会社が改札でてすぐ目の前にあるので、すぐ乗れます。

 

ペルゲ遺跡入り口

f:id:mathmos:20190811163126j:plain

f:id:mathmos:20190811163046j:plain

 

料金は1人42トルコリラ(約810円、約500ルーブル)

カード決済可です。

 

ペルゲ遺跡内

f:id:mathmos:20190811163047j:plain

f:id:mathmos:20190811163052j:plain

f:id:mathmos:20190811163334j:plain

上の方からの眺め

f:id:mathmos:20190811163402j:plain


行った時間がよかったのか分かりませんが、人があまりいなかったので、人がほとんど映らない写真がたくさん撮れてよかったです(*'ω'*)

 

帰りにギフトショップでなぜかソクラテスのマグネットを購入した夫。

マグネットを集めていて冷蔵庫に貼っているんですが、なぜソクラテス。

哲学の授業で勉強した「無知の知」のソクラテスがうちの冷蔵庫で私を凝視してます笑

 

ソクラテスマグネット

f:id:mathmos:20190811165049j:plain

 

遺跡は広くてたくさん歩いたので、帰りはタクシーで帰ることにしました。

タクシーは電柱にタクシーコールボタンがあるので、押せばすぐきます!

料金はペルゲ遺跡から最寄りのトラムの電停まで5トルコリラ(約100円、約60ルーブル)でした。

ホテルからのタクシーや、ホテルなどで頼める遺跡ツアーもありますが、トラムで行くのも街並みが見れるのでオススメです!

 

アンタルヤ旅行は③で終わります。

ではまた次回!

 

 


いつも読んでいただきありがとうございます。 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

f:id:mathmos:20171120081943p:plain