読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままな生活inモスクワ

出会いのきっかけは数学。年下ロシア人夫とのモスクワ生活など日々の記録のブログ

カフェГоголь-моголь

こんにちは!こないだ若いお友達2人とお茶しました。お友達と言っていいかわかりませんが(^^;)私としては若いお友達ができたと思っています^^
そんなお二人はモスクワの大学でロシア語を勉強している留学生です。1人は今年入ってから知り合いになり、もう一人はこのお茶した日に知り合いました。

待ち合わせの場所はガイドブックにも載っている三角形の看板が目印のカフェ、ゴーゴリモーゴリ。

f:id:mathmos:20170403172056j:image

f:id:mathmos:20170403175627j:image

f:id:mathmos:20170403175615j:image

私は5年前に夫と行ったことがありました。5度目くらいのロシア訪問のときでした。ガイドブックに載っていて、女性に人気のおすすめカフェと乗っていたので。

でも実際は行ってみると、女性はおろか、お店にはちょっと変なおじさんが数名いて、ガイドブックから想像していたイメージとは違いました笑

店内は味のある雰囲気で素敵でした。当時頼んだものは、看板メニューのゴーゴリ・モーゴリとアイスティー、夫はアイスでした。看板メニューのゴーゴリモーゴリは卵と牛乳よバニラと砂糖を混ぜて泡立てたものです。

ゴーゴリモーゴリ↓

f:id:mathmos:20170403175157j:plain

f:id:mathmos:20170403175156j:plain

f:id:mathmos:20170403175638j:image

正直感想はというと…ん?これは食べる意味があるのか?でした笑

夫もその時初めてみたいですが、ん?こんな感じなんだ。へーーーという感じだったのを覚えています。懐かしい思い出です。

 

ところで、なぜ5年前の思い出にふれているかというと…このカフェなくなったからです。先に待ち合わせ場所についた彼女たちからのメッセージでそれは発覚しました。住所通りに来たけど違うカフェがあると笑

急いでいくとそこには確かに他のカフェがありました。

f:id:mathmos:20170403180223p:plain

色々なところに店舗のあるカフェАндерсонがありました。住所もゴーゴリモーゴリと同じです。外観の作りもどこかしら似ています。間違いありません。潰れました。

もうここにゴーゴリモーゴリカフェはありません。ガイドブックをみて、行こうと思っていた方はご注意ください。もうありませんから。

 

この辺りは全然いかないのでつぶれていたことにも全然気づきませんでした。実はこのお店の斜め向かいにロシア語の学校があり、去年の冬、2月くらい?まで通っていて、そのときはまだありました。モスクワでは飲食店の潰れるスピードが早いので結構気づかないうちにお店がなくなっていることがよくあります。行ってみて潰れてるのを知るのは珍しいことじゃありません。

お気に入りのカフェがつぶれないことを願っています^^;

 

そして、2人tのお茶は、違うカフェへ行くことにしました。前々回ご紹介したカフェBreakfastへ。でもそこは人気店なので席が空いてなくて入れなかったので別のカフェというかレストランに入ってお茶しました。年齢が離れていて、まだ大学生ということで面白い話題があったりで、とても楽しい時間を過ごせました!彼女たちが帰国してしまう前にまたお茶したいと思います^^

 

ランキングに参加しています!応援してください^^マトリョーシカをクリック^^

           にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

ロシア語の教科書 Дорога в Россию

こんにちは!最近勤務している学校でイベントをしていて、その準備などで忙しくしていました。

 

今日はロシア語の教科書について。

今家庭教師の先生(ロシア語学校に通っていた時の元先生でもあります)と勤務している学校にきてもらって勉強しています。その先生と相談して教科書Дорога в Россиюを使って勉強しています。
f:id:mathmos:20170402234642j:image

ちなみにこの教科書は4冊あります。これは3番目。ロシア語学校で基礎となる部分は勉強済みなので1,2は見てみたけど簡単すぎだったり、のっている文法は全部知っていたので3から始めることにしました。でも文法はいままで 習っていないものだし、長文はあるし、知らない単語ばかりで頭がぽけっとします笑

わたしの ロシア語の勉強の目的はもちろん文法も勉強することがあります。でもメインは会話。知識はあるのみ会話ができないんです。でも教科書なしでの勉強は先生を信頼しているけど、効果がでるかでないかは授業の構成によると思います。ただのおしゃべりだったら家庭教師の先生じゃなくてもいいので。なので文法も勉強しながら会話力の向上を目指すことが目標です。

それを理解した上で、先生は授業を進めてくれています。そして、長文読解はできるけど、それに対して質問されるとなかなかうまく答えられない。テキストの内容がチェーホフとかトルストイとかいついての物が多いので興味がわかないのも原因だと思います笑

なので長文はあまりせずに文法を進めていき、私の最近の出来事について会話をし、それを膨らませたりして学んでいく進め方なので教科書が4か月で終わってしまいました。次の教科書はこのシリーズ最後です。Дорога в Россию3は2冊にわかれていて、最初に使っていたのはДорога в Россию3-1、次はДорога в Россию3-2です。
f:id:mathmos:20170402234652j:image

 

この教科書はモスクワであれば、有名なドームクニーギ、ビブリオグローブスには売っています。3-1はドームクニーギにしかありませんでしたが。ただロシアで本を買う場合、買う場所によって値段などが違うのが問題です。この教科書を買うとき3時間以上かかりました笑

その理由はまず、ビブリオグローブスに行ったら欲しかった3-1がなく、次にドームクニーギに行ったら教科書はあるものの付属のはずのCD―ROMがついていないのに値段が1000ルーブルくらいでした。ネットで探してもデータでは売っているけどちゃんと本で買うとなると時間もかかるし不便だったので、出版社のモスクワオフィスで買えるだろうと考え、オフィスに行ってみました。そこでは教科書自体は650ルーブル、CD-ROMが250ルーブルで売られていました!!!なので安いしCDーROMもあるのでそこで購入しました^^
最近購入した3-2の教科書ももう本屋ではなく、同じオフィスで購入しました。レベルが上がっても教科書は650ルーブル、CDーROMは250ルーブルでした。他の本屋で買ったら1400ルーブル近くするのを知っているからかなり安く購入できました。教科書以外にも問題集を3冊購入して合計3050ルーブルでした。こんなに買って、そんなにロシア語好きなの!?って思われるかもしれませんが、未だに好きになれません。でも勉強しなければならないから^^;

そしてうちにある日本にいたころから使っている問題集は基本的な格変化ばかりの問題集なので今勉強している複雑な文法には対応していないのでそれに対応しているものが欲しくて購入しました。

こんだけ費やしているんだからちゃんと頑張らないと!成果出さないと!と思いますが、学校へ通っていいたころよりは楽しんで勉強できていると思います!

 

さて今日もこれから宿題をしようと思います。長文で書かなければならない宿題があるので(^^;)そのあとは最近はじめた漢検2級の勉強もしようと思います。

 

ランキングに参加しています!応援してください^^マトリョーシカをクリック^^

           にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ